『ラ・ラ・ランド』より、まずこれを観ろ!!

世間では、ミュージカル映画、『ラ・ラ・ランド』が話題になっている。

2月24日に日本公開された映画『ラ・ラ・ランド』。アカデミー賞ではエマ・ストーンが主演女優賞を受賞したほか監督賞など6部門を受賞し、見事な功績を残している。(FRONT ROW)

僕はミュージカルがそんなに好きではない。

だから、この映画にも興味がない。

かつてタモリさんはミュージカルについて、こんなことを言っていた。

「俺は、(ミュージカルを)観ている自分が恥ずかしいから観ないのではない。やっている方の立場になると、もっと恥ずかしいのではないかと思うから観ない」

はっきり言って、日本のミュージカルのレベルは低い。

観ているこちらが恥ずかしくなってくるような、感覚は僕もわかるような気がする。

そんな僕が感動した、ミュージカル映画がある。

「マンマ・ミーア!」である。

映画全編に、ABBAの歌が流れる

『マンマ・ミーア!』(原題: Mamma Mia!)は、2008年にイギリス、アメリカ、スウェーデンが共同製作したロマンティック・コメディ・ミュージカル映画。

世界的に有名なスウェーデン出身のポップ音楽グループABBAの曲をベースにし、1999年にウェスト・エンドで、2001年にブロードウェイで公開されたミュージカル『マンマ・ミーア!』を映画化したものである。ABBAのメンバーで作曲家のベニー・アンダーソンが音楽で参加している。題名は1975年のABBAのヒット曲『Mamma Mia 』から採用された。

フィリダ・ロイドが監督し、トム・ハンクスとリタ・ウィルソンが所有するプレイトーンおよびリトルスターと提携してユニバーサル・ピクチャーズが配給した[3]。(Wikipedia)

ふと、嫌いなミュージカルを観てみようと思った。

そしたら、なんだか楽しくなってきて、ミュージカルもありだなと思えるようになった。

ABBAの歌を出演者が歌う。

「Dancing Queen」を皆が歌いながら、物語が進行していく。

悲しい時も、嬉しい時も、とにかくABBAだ。

ABBAのベニー・アンダーソンが音楽で参加しているというのも興味深い。

もうとにかくABBA推し。

物語も、とてもよかった。

僕はユニバーサルはとても頑張ったと思った。

ロケ地も、ギリシャの離島を舞台にしており、

その美しい景色を観ているだけでも、十分に価値がある。


英国の至宝、メリル・ストリープが主演

メリル・ストリープが主役のシングル・マザーであるドナ・シェリダン役に配役された。

批評家からは賛否両論を受けたが、製作5,200万ドルに対して興行収入6億680万ドルをあげた[4]。同年12月、『タイタニック』をしのぎ、イギリス史上最高のヒット作品となった[5]。(Wikipedia)

英国の笑いというのは、日本に似ている。

アメリカが、顔やアクションで笑わせるのに対して、

イギリスは言葉で笑わせる。

イギリスは島国だし、日本と環境が似ているのかもしれない。

だからこそ、僕もミュージカル、「マンマ・ミーア」が観られたのかもしれない。

主演はメリル・ストリープ。

日本でいえば、樹木希林だ。

もう、何の役をやっても、まるでその役の人物が、この世の中に実在するようなリアリティを

醸し出させられる経験と、表現力。

彼女の代表作は以下のとおり。

プラダを着た悪魔 2006年公開

ミュージック・オブ・ハート 2000年公開

マディソン郡の橋 1995年公開

クレイマー、クレイマー 1980年公開

ディア・ハンター1979年公開(映画.com)

まあ彼女はアメリカ人なのだが、イギリスで成功したといってもいいだろう。

「マンマ・ミーア」では、意外にも、演技派のメリル・ストリープが生で歌う。

出演者が生で歌っているのが、この映画の魅力のひとつである。

普通は吹き返したりして別人が歌う。

でも、「マンマ・ミーア」は録音で後から録ってはいるが、

出演者の生の歌声が逆に気持ちいい。

下手な人もいる。でも、一生懸命歌う。

それが本当によかった。


スポンサードリンク



人生はダンスだ。

それに歌が加わったら、ミュージカルになる。

毎日感じる気持ちを、歌で表現し、

踊りながら、着実に前を向いて進んでいく。

ミュージカルが苦手な人は、

相当制作に金がかかっている「マンマ・ミーア」をまずおすすめする。

僕はこの映画をもう一度見たら、もう思い残すことはない。


毎日をダンスのように自由に

そして、喜び、悲しみを素直に表現してみよう。

<独立、将来不安解消、好きなことで生きる、年金に頼らない生活を手に入れる方法>
無料情報を得るためには下記から、メール登録を!

全7回のストーリーが、あなたを今以上に、もっともっと自由にします
https://goo.gl/5ia3Dj


スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする