東京はやっぱり展覧会や美術館のレベルが高い

 

インターネットの記事を読んでいたら、非常に興味深い展覧会が目に飛び込んできました。

その名も「日本のグラフィックデザイン2017」

 

以下は、詳細です。

 

東京ミッドタウン・デザインハブでは、第67回企画展となる「日本のグラフィックデザイン2017」を開催いたします。

会員約3,000名を擁するアジア最大級のデザイン団体、日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が、1981年より発行を続ける年鑑『Graphic Design in Japan』。2017年版の発行を記念して、掲載作品の中から約300点を実物と映像で展示します。身近な雑貨から、書籍、商品パッケージ、シンボル・ロゴ、ポスター、ウェブサイト、映像、展覧会やショップの空間デザインに至るまで、世界でも評価の高い日本のグラフィックデザインの現在を、ぜひご覧ください。(プレスリリースより)

『日本のグラフィックデザイン2017』

2017年6月17日(土)~8月6日(日)
会場:東京都 六本木 東京ミッドタウン・デザインハブ
時間:11:00~19:00
料金:無料

http://www.cinra.net/event/20170617-graphicdesigninjapan

 

ミッドタウンで、しかも入場無料とのこと。

8月までやっているなら、東京に出かけた際に、足を運んでみようかと思いました。

 

例えばこんな作品が展示されるようです。

http://www.cinra.net/event/20170617-graphicdesigninjapanより引用)

 

 

なんというか、僕は抽象的でありながら、具体的、写実的な作品が好きなんです。

例えば、ルネ・マグリットや、サルバトール・ダリのような。

 

僕が大学時代に、マグリットにはまって、

後からビートルズのメンバーがマグリットが好きだったと知った時は、

なんだか嬉しかった思い出があります。

ビートルズ、さすが、わかってるやん、みたいな(笑)

 

東京には美術館がたくさんありますし、展覧会も数多く開催されているので羨ましい。

 

東京に住んでいた頃は、デートで美術館によく行っていました。

彼女は、全く興味がないような感じで、落ち込んだときもありました。

 

僕のおすすめは、恵比寿の東京都写真美術館。

いつ行っても、ハズレのない展示を行っています。

恵比寿ガーデンプレイスの裏に、ひっそりとたたずんでいる写真専門の美術館です。

 

初めて行った時は、写真の迫力の大きさに、自然と涙が出てきました。

それまでは、写真を少しバカにしていたのですが、

写真にも、作者の思いが乗るのだと、初めてわかった瞬間でした。

 

今回紹介した、「日本のグラフィックデザイン2017」

そして、東京都写真美術館。

 

ぜひ、一度足を運んでみてください。

きっと、世の中が、さらに美しく見えるようになるはずです。

 


スポンサードリンク



  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP