早稲田発。これから来るだろう、お笑い芸人。手賀沼ジュン。

(手賀沼ジュンホームページより引用)

 

僕は15年前くらいに早稲田に通っていました。

その時に、ひとつ上の先輩に、お笑いをやっている人がいたんです。

 

その一人が野中先輩。

現在は手賀沼ジュンとして活動されています。

 

彼は、早稲田で5人組のお笑いユニット「WAGE(ワゲ)」を組んでいました。

 

もう15年も前の話。

 

メンバーはそれぞれ、第一線で活躍されています。

 

・リーダー森さん(現在、放送作家として活躍)

・小島よしおさん

・かもめんたる(岩崎さん、槙尾さん)

 

 

そして、WAGEでただひとり、今も売れていない男がいます。

 

それが手賀沼ジュン。

 

手賀沼 ジュン(てがぬま じゅん、1979年7月24日 – )は、日本のミュージシャン、お笑い芸人、回文インストラクター。本名及び旧芸名は、野中 淳(のなか じゅん)。ネパール王国マルク町生まれ、千葉県柏市育ち。早稲田大学卒業。

ネパール生まれ(両親は日本人)。ダム設計士の父親の仕事の関係で、10歳までネパールで過ごす。11歳の時に千葉県柏市に移住。

早稲田大学在学中、お笑いサークル「WAGE」に所属。サークルメンバーと組んだチームで、アマチュアのお笑いコンテスト「ギャグ大学偏差値2000」で3位入賞したのをきっかけに、コントグループ・WAGEを結成しアミューズよりデビュー。2001年から2006年まで活動。

グループ活動休止後、手賀沼ジュンに改名し、ミュージシャンに転向。所属事務所はサンミュージックに移籍し、音楽ユニット「BIG JUHN」を立ち上げる。

近年は音楽に回文を取り入れた独自のステージ活動を展開する一方、お笑いコンテストにも積極的に参加。『R-1ぐらんぷり2012』では準決勝進出。『歌ネタ王決定戦2014』では決勝進出を果たし、優勝した。なお、この番組がテレビ初出演であった。

(Wikipedia)

 

彼はお笑いと音楽の融合を目指し、

最近ではR-1準決勝進出。

そして「歌ネタ王決定戦」では優勝するなど、じわりじわりと来ています。

 

 

時々連絡を取り合うのですが、

僕はそのたびに、

「お笑いじゃなくて、野中さん(手賀沼ジュン)は、役者になったほうがいい」

とアドバイスしています。

 

この人は、おそらく、非常に高い演技力を持っている。

 

お笑いから、役者の道へと活動を広げた、

板尾創路さんのような、深みのある演技ができるのではないかと、

僕は考えているのです。

 

 

しかし、手賀沼ジュンは、断固として、笑いの道、そして、音楽の道から踏み出そうとはしません。

 

 

この記事を見ている、芸能関係者、特に、俳優を探している皆さんは、

手賀沼ジュンにコンタクトを取ってみてください。

 

※手賀沼淳ホームーページ

http://www.tega-juhn.com/

 

 

お笑いではなく、彼を演技の道で彼を使ってみてください。

とんでもない、演技を彼はすると思います。

 

これから来るであろう、早稲田発、お笑い芸人。

手賀沼ジュン。

 

みなさん、覚えておいてください。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP