クリスマスの思い出

00d69ac7bb1abb215386b2be789554f0_s

僕がたしか5歳くらいの時のクリスマスの話。

クリスマスプレゼントが枕元に届いていた。

長靴に入った数個のあめ玉。

僕は落胆した。

そのとなりに、手紙が置いてあった。

「たけきくん、いつもおりこうさんにしているね」

その手紙はサンタクロースからのものだった。

しかし、5歳の僕は、

手紙が鉛筆書きであることに疑問を感じた。

北のほうの、遠い国からやってくるサンタクロースが、

鉛筆使うか??(笑)

しかも文末には

「Saint Andrewより」

と書かれていた。

なんでそこだけ英語??(笑)

しかも、この筆跡は、どこかでみたことあるぞ。

母親の字にそっくりだ。

僕は5歳にして、サンタクロースはいない。

母親だったんだと悟った。

幼稚園で、クリスマスのお遊戯があった。

みんな、サンタクロースを信じて、踊っていた。

こいつらバカなんじゃないかと思いながら、僕は踊った。

僕は5歳にして、神がいないことを悟った。

<INFO>

こんな男と話してみたい、相談したいことがあるという方は。

LINEで検索 @hmq6387a


スポンサードリンク

<



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 中村泰造 より:

    おもわずにやりとしました、子供時代のサンタクロースあるある。面白ーい。

    • takekikaji より:

      泰造さんコメントありがとうございます。頭の中ではもっと面白かったんですが、伝えきれませんでした(笑)