家族に焼肉を

こんにちは。加治タケキです。

 

今回は日常をテーマにしてみます。

 

 

最近何だか無性に焼肉が食べたくて仕方なかったんです。

 

 

ちょうど妹と姪っ子が僕の住んでいる実家に帰省していたので、

 

 

焼肉に行こうと考えました。

 

 

でも、それじゃ面白くない。

 

 

家で焼肉だ。しかもホットプレートじゃ面白くない。

 

 

カセットコンロで焼肉だ。

 

 

 

 

 

そしてインターネットで調べまくって、百均で、200円で焼肉できる方法を見つけました。

 

 

カセットコンロの上に、ステンレスの穴の空いたトレーを置き、その上に焼き網を乗せる。完成。

 

 

素晴らしい(笑)

 

 

 

 

 

両親からは、ホットプレートでいいじゃないかと言われましたが、

 

 

どうしても直火で焼く必要があったのです。

 

 

それは、単純においしいから。

 

 

本来は炭でやりたかったのですが、あいにくの雨模様で、外でやるわけにもいかず、

 

 

ダイニングで無理やり決行しました。

 

 

 

 

とにかく、父、母、妹、姪っ子に肉を食べて欲しかったんです。

 

 

毎日制限かけて、食事をしている家族に、制限なしで、もう食べられないってくらい、肉を食べて欲しかった。

 

 

 

7000円分肉を買いました。

 

 

僕だって、余裕があるわけではない。

 

 

でも、家族に奢ったことが、これまで本当になかった。

 

 

昨日はなぜか、恩返しがしたくて、したくて、たまらなくなったのです。

 

 

姪っ子は牛の「サガリ」が好きでした。美味しそうに食べて、笑顔でした。

 

 

妹はアスパラが好きでした。僕よりたくさん食べていました。

 

 

母親はこんなに食べられないと言いました。

 

 

父親は、こんなに肉食ったの久しぶりだと言いました。

 

 

僕は、家族で肉を焼く空間、その時間がただ好きでした。

 

 

煙だらけになり、脂にまみれた肉の香りをかみしめて、

 

 

今度は、何を食べさせてやろうかと、

 

 

思っているのです。

 

 

次は炭火で、子羊丸々1頭だなと思っているのです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP