1分仮眠のすすめ

 

仕事が立て込んでいる。

毎日長時間仕事がある。

 

現代人の睡眠時間は、足りていないと思います。

 

でも、ゆっくりと寝るわけにもいかない。自分では健康に悪いことはわかっている。

責任が大きければ、大きいほど、睡眠を削るしかなくなってきます。

 

ライフハッカーにはこう書かれていました。

1日18時間労働を週に6,7日も続けていれば生産性が下がることは、科学が証明しています。それなのに、成功するためには長時間労働が必要だと信じている人がいまだに多くいます。特に米国にはこの考えを信じる人が多く、過半数(55%)が長期休暇を取りません。

休暇よりも仕事を優先したほうが業績が上がると考える人がいるようですが、科学によるとそれは間違いです。

複数の研究から、幸福にもっとも影響を及ぼすものは睡眠であると示されています。

https://www.lifehacker.jp/amp/2017/06/170623_going_on_vacation.html

 

そこで、1分仮眠の方法の紹介です。


スポンサードリンク



1分仮眠のやり方

1分仮眠法やり方

椅子に深く腰掛け、上体を起こしたままリラックスします。
椅子に座って1分間目を閉じます。
これだけです。

http://www.itopan.com/entry/2017/06/16/210726

 

僕は、たまに思い出したようにこれを、瞑想と合わせてやっています。

椅子に座って、頭を上に向けて、本当に寝るような感じです。

 

1分仮眠法のポイントは、再び、ゆるっと健康生活を参考にしました。

 

「脳を休息させる」という意識で目を閉じる

目から得た情報は思っているよりも脳に負担をかけています。視覚情報を少しの間シャットアウトすることで、脳が休まります。

また、「今から疲れを取るんだ」と休むことに集中するのが大事です。

 

こまめにとる

「仕事に集中できなくなってきた」「なんだかイライラする」と感じたタイミングで、すぐに目を閉じて1分間休みます。こまめに仮眠しましょう。

 

眠くなる前に行う

眠くなると頭では集中しなきゃと思っているのに、思考がフリーズして記憶喪失状態に陥ってしまったことは、誰にでも経験ありますよね。もしかしたらそれは、「休まないともうダメだ〜」というサインなのかもしれません。

 

現代人は、目からの情報が多すぎで、脳が疲れますね。

視覚からの情報をシャットアウトすることで、脳を休ませることは、とても大切だと思います。

 

そして、この1分仮眠法をこまめにやってみること。

イラっとしたり、アイデアに詰まったり、これはパソコンやスマホを見すぎだと自分で自覚した時などに。

さすがに運転中はできませんが、将来は自動運転で、仮眠くらいは走りながらできるようになるでしょう。

 

そして、眠くなる前に行うこと。

眠くなるのは健康的な証拠で、脳が休息を求めているサインです。

このタイミングより、少し前に1分仮眠をやってみるといいと思います。

 

みなさんも、この1分仮眠。

是非、生活の中に取り入れてみてください。

 

 



※初期費用ゼロから不労月収20万を作る戦略を無料配布中。

私が1年かけて、実践した方法をPDFにまとめました。
今では好きな音楽活動、執筆活動、ドライブに明け暮れています。
無料で配布してますので、知りたい方は

【加治雄希公式LINE@】

https://line.me/R/ti/p/%40hhg6309d

【ワンクリックで登録できます】

IDでの検索はこちら
LINE ID:@hhg6309d
【@から検索して下さいね】

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP