日本サッカー、大迫という秘密兵器

b4b2eeff198b2c0347c701c0ea3be6a8_s

<加治タケキFACEBOOKより転載>

 

昨日日本サッカーの練習試合がありました。

僕は、練習試合なので、1分だけ観ました。

そして、大迫はいける、そう思いました。

試合を見ての感想3つ

①弱者が勝つには、環境に適応して生き残ること。

サッカーでヘディングで勝つには、相手より先にジャンプして
相手の肩に乗っかれば勝てます。

僕は大学時代10センチ以上背の高い選手をマークしていましたが、
1度もヘディングで負けませんでした。

先にジャンプして、相手の肩に乗り、滞空時間を長くしたから。

これは人から教わったことです。

滞空時間を長くするには、空中で止まるという意識と
体重を軽くすることが必要です。

※生き残るには、人から教わり、戦略をを立てること

②オシム監督は一度ゼロベースでメンバーを考えた

オシムさんは、おそらく、本田、香川、長友、岡崎あたりを
メンバーに入れなくてはならないという固定観念にとらわれていた。

しかし、練習試合で、試すことができた。

一番の収穫は、大迫です。これを予選メンバーに呼ばなかったら、
もうオシムの柔軟性は壊れています。

③攻撃の選手が攻撃だけをしていればいい時代は終わった

現代サッカーでは攻撃専門のFWも、全力で守ります。

大迫はヘディング強いんだから、守りの時も、相手の一番ヘディング強い人につけます。

大迫は身長が高い。

しかし、ヘディングでいつも勝てるわけではない。

僕は勝てます(笑)

そのかわり身長が高い選手は、足が長い。
だから懐が深くて、なかなかボールを取りにいけないんです。

日本は、とりあえず大迫にボールを預ける。

大迫は懐深いから、ボールを取られない。

その間に、他の選手がどーっと上がっていけばいいんです。

<まとめると>

・強いものが勝つのではない。弱者でも環境に適応できたものが生き残る
・勝つための戦略を、仕組みを考えているか。情報を調査しているか
・やり方を知っているか。人からちゃんと聞いたか
・自分の中の固定観念を捨てて、ゼロベースで考えることが必要
・昔と今では役割が違ってきている。時代の変化についていけているか
・自分の長所を、メンバーのために活かすことができるか

本予選、大迫選手に期待しています。

まさに、こういう選手を待っていた。


スポンサードリンク

<



  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP