初めて出会う人と合わなかった時の対処法

こんにちは、加治タケキです。

今回は、初めて出会う人とデートや話し合いをする際に、合わない、この先の時間が無駄だと思った時の対処法について考えてみたいと思います。

僕が参照した記事には6つの方法が書いてありました。

友人に電話してくれるよう事前に頼む

これはどうなんでしょう(笑)

友人にも迷惑がかかるし、演技が下手な人だったら、嘘が相手にバレてしまいそうです。

友人「あっ、加治さん?今家のドアが外れちゃって大変なの。今すぐ助けに来てちょうだい」

僕「わかった。今すぐ駆けつけるよ」

僕「すみません、今友人から電話で、急用を依頼されまして、友人宅に行かなきゃ行けないので、この辺で失礼します」

やっぱり無理があるなあ(笑)

最初の1杯を飲んだら帰る

デートで一緒にお酒を飲んだり、話し合いでお茶を一緒に飲んだりした時。

最初の1杯だけ注文する。(何も頼まなかったら、変人だと思われるでしょう)

飲み終わったら、明日朝が早いとか、片付けなくちゃいけない仕事があるから、などと言って失礼する。

友人に電話を依頼するよりはましでしょうか。

帰らなければならない理由を最初に伝える

デートの始めに、持ち時間を相手に伝えておきましょう。

この後予定がある、時間が1時間しかない、スケジュールがパンパンだ、などと言っておきます。デートがうまく行けば、お互いに楽しくなって、帰らなければならない理由はすっかり忘れてしまうので、問題ありません。

もし、楽しくないデートになったら、先に伝えておいたことが生きてきます。交渉の余地なしで、相手はこちらが帰らなければならないことを受け入れます。

https://www.lifehacker.jp/2019/02/184484.html

これは先程の最初の1杯だけで帰ると、合わせ技で使えそうですね。

この後予定がある。スケジュール的に時間がない。

そして、1杯でこの先を決定する。

でも、スケジュールが厳しいと最初に言っておきながら、話「が盛り上がって2時間くらい喋っていたら、この人は嘘つきだと相手に思われるでしょうね(笑)



体調が悪いと言う

出会ったあたりから、徐々に、演技を始めて、

「すみません、今日ちょっと体調が悪くて」

を適度にはさむ。

相手はそれなら仕方がないと思ってくれるでしょう。

本当に体調が悪いなら、この方法で逃げられますが、演技が入ってくると、またバレる可能性がありますね。

正直に言う

初対面の人とのデート中なら「お互い、なんかしっくりきませんね」

話し合いなら「ちょっと今日の話はしっくり来ないので、持ち帰ります」

などと正直に、日本人ならやんわりと相手に告げる。

それが一番いいのかもしれません。

最後に

結局相手に嘘をついてまで、帰りたいと演技するよりは、

正直に伝えたほうがいい、僕はそう思います。

初対面の人ならそれが可能でしょう。

嘘をついたら、バレるし、失礼だし、巡り巡って自分に返ってくる。

初対面の人だからこそ、正直に伝えること。

これは、普段意識していそうで、していないことでした。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする