今年最も感動した映画「ラブ・アゲイン」全ての愛を表現した、最高傑作 

こんにちは、加治タケキです。

今回は映画をひとつ紹介したいと思います。

 

本当に最高の映画。

フォレスト・ガンプが98点なら、この映画は97点つけます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラブ・アゲイン [ ライアン・ゴズリング ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2017/12/20時点)

 

 

『ラブ・アゲイン』(原題: Crazy, Stupid, Love.) は、2011年のアメリカのグレン・フィカーラとジョン・レクア監督、ダン・フォーゲルマン脚本のロマンティック・コメディ映画である。この映画には、キャル・ウィーバー役にスティーブ・カレル、ジェイコブ・パルマー役にライアン・ゴズリング、エミリー・ウィーバー役にジュリアン・ムーア、ハンナ・ウィーバー役にエマ・ストーン、他にもアナリー・ティプトン、マリサ・トメイとケヴィン・ベーコンが出演している。この映画はワーナー・ブラザースによりアメリカ合衆国とカナダで2011年7月29日、日本では同年11月19日に公開された。

公開時に、この映画は評論家から好意的なレビューを受け、Rotten Tomatoesでは78%が前向きな投稿をし、「新鮮」と認定された。また、興行成績も好調で公開第一週目に19,104,303ドル収入し、5000万ドルの予算を遙かに超える、14,000万ドルを全体で収入した。ライアン・ゴズリングはゴールデングローブ賞の 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門)でノミネートされた。アメリカ合衆国ではDVDとBlu-ray Discが2011年11月1日に発売された。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%83%B3_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

 

 

ストーリーはこんな感じです。

ある中年夫婦。

妻が旦那に飽きていて浮気をし、旦那に対して「離婚をしたい」と告白する所からスタート。
旦那は、突然の告白に衝撃を受けながら、どうしても純粋に愛し続けた妻のことが忘れられない。
そんな時、旦那が通っているバーでいつも見かける、プレイボーイに話しかける。
そこで旦那はプレイボーイから、「今の自分のダサい格好をやめて、過去を忘れ、新たな恋を求めて生きる」ようアドバイスを受ける。
旦那は変わり始めます。
毎晩、バーに来る女性をナンパしまくり。
旦那の恋愛がメインですが、そこにバーで知り合ったプレイボーイ、家で夫婦が雇っているベビーシッター、旦那の息子の恋も複雑に絡み合っていき……

 
最後にはとんでもない結末が待っています。

 

 
この映画から教わったことは、とにかく自分の信じた恋は、挑み続けること。
それが周りを巻き込もうが、遊びの恋があろうが、真実の愛を追い求めること。

 
もうちょっと早くみなさんに知らせたかった。
クリスマスから、バレンタインにかけて、一人で見てもよし。

カップルで見てもよし。
大切なのは、自分に正直に生きること。
そして、それが叶わなかったとしても、諦めずに、追い続けること。

 
終わり方も秀逸です。
エンディング後に、それぞれの登場人物がどうなっても、それはそれで正しい。

そして、観る人の想像に任せて終わるという点もグッドでした。

 
寒くて寂しくなる季節。
シングルの人は、一歩を踏み出す勇気になります。
カップルの人は、お互いの存在のありがたさを再確認できます。

ぜひ一度観てみてください☆

 

あ~、映画撮りたい(笑)

シングルなので、一歩踏み出します(笑)

GO CRAZY STUPID AND LOVE!!

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP