北朝鮮 漂流船 天然痘ウイルスの拡大につながる可能性

こんにちは、加治タケキです。

今回は最近増加している、北朝鮮からの漁船の漂流、漂着について考えてみたいと思います。

 

なぜ今漂着しているのか

これは、今に限ったことではありません。

以前からも北朝鮮からの漁船が、日本の排他的経済区域に入ってきて、そのまま漂流して、日本が助けるということは多々ありました。

 

日本海は漁場として最高の場所です。

しかし、排他的経済区域は日本の管理のもとにあるので、本来なら他国の漁船が漁をしてはいけない場所です。

 

しかし、北朝鮮は絶えず食糧難にあるので、装備もろくにしていない漁船が無理をして、日本近くまでやってきます。

根こそぎ持って帰ってやろうという魂胆です。

持って帰っても、金王朝に差し出さなければいけない。

国民が食べられるかどうかはわからない。

でも、とにかく危険を冒してまで、遠方の漁に出かけなければいけないというのが現状です。

 

最近は東北、北海道の離島で多数の漁船が発見されています。

海上保安庁が調べているでしょうから、その船が単なる漁船なのか、武装した工作船なのかはある程度わかるでしょう。

でもそこで安心してはいけないのです。

 

北朝鮮の漁船の不審点

漂着した実際の船を見て不審になる点がたくさんあります。

木造の、今にも沈みそうな船。

本当に漁業が目的で航海に出ているのか疑問です。

そこに8人くらいが無理やり乗っている感じです。

 

考えられるのは、

・7人くらいは普通の漁民。その他の1人が工作員。

・8人いれば軍隊の行動が取れますから、乗組員すべてが、なんらかの訓練を受けた工作員

 

これは大げさなことではありません。

もし、工作員が乗っているのなら、どさくさに紛れて日本国内に入ろうとするでしょう。

機関銃などで武装していた場合、海上保安庁では対抗できません。
日本は漁船だと思って対応するから、自衛隊を出すこともためらう。
まあ自衛隊も監視はしていると思います。

 

 
問題は、その工作員が、武装しているだけならまだいい。
日本国内に入って、情報を盗んだり、テロを計画するならまだいいということです。
しっかりと取締をして、1人も不法流入者を入れないことが前提ですが。

 

 

漂着船の乗組員が天然痘を運んでいる可能性

 

天然痘は30年くらい前に、WHOが絶滅宣言を出しました。

ワクチンもできたし、人類が根絶に成功したのです。

 

天然痘は、体中に斑点が出てきて、高熱が出て、大部分が死に至ります。

ワクチンを投与しないと大変なことになります。

しかも、飛沫感染ですので、喋っただけで感染します。
現状で、天然痘を見てわかるお医者さんの数もほとんどいないそうです。

なせなら、30年前に根絶したことになっているから、症例を見たことがない医者が多いのです。

 

 

しかし、今天然痘が広がると、またたくまに広がっていくでしょう。

ワクチンを打った人は30年前の話。

それでも、ワクチンをすでに打っている人の死亡率は、感染した場合、7%だそうです。

 
その点について、参議院の青山繁晴氏が国会で質問をしました。
「漂着船の乗組員が天然痘に感染しており、それを日本国内で拡大させようというのが、北朝鮮の狙いの可能性がある。その場合、政府がどのように対応するのか」

概要はこのような感じです。
国会で取り上げられた、大切な問題だと思います。

政府は、自衛隊、公安、警察により、しっかりと対応すると答えました。
この一連の経緯が、新聞、ニュースでは全く取り上げられていません。

一部産経だけに書いてありました。

 

 

漂着船が来た、近隣の地域の人は、一部の人間が日本国内に入ってくるのを警戒していると思います。
とにかく、日本海沿岸部で、不審者を見たら、工作員の可能性があるので、特徴、場所、時間を警察に情報提供するのが一番です。
そして、みなさんに知っておいて欲しいのが、天然痘などの生物、化学兵器。

核ミサイルなら、一部だけ被害が出ます。

サリンでも一部。
VXガスでも一部です。
でも、天然痘は飛沫感染で、徐々に拡大していきます。
最悪の場合、日本のほとんどがやられてしまう可能性があるということです。
今回は北朝鮮の漁船の漂着について取り上げましたが、天然痘などの生物、化学兵器が持ち込まれるという可能性について、みなさん一度考えてみて頂くことを、お伝えしておきます。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

天皇を国家元首であると、憲法に明記したほうがいい
日経平均株価上昇中。景気は本当に上向きなのか!?
日本は戦闘機を自前で作れ
ベーシックインカムを組み立てよう
noimage
自分の意志で人生を決めろ。時間のために投資しろ。
小室直樹が日本の全てを救う。アノミーの考察
加計、森友問題にみる、メディアの偏向報道の異常性
noimage
憲法9条第2項改正と、第2次朝鮮戦争勃発の可能性
直接表現ばかりの世界は危険だ
世の中には、人権がない人がいる
自信があっても、自己肯定力がない
どうして日本には寄付文化が根付かないのだろう。
北朝鮮有事、今後のシナリオ 9月13日時点

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP