目標、ゴール達成のための方法

こんにちは、加治タケキです。

今回は目標達成方法、ゴールの達成方法について考えてみたいと思います。

 

目標と言っても、みなさん様々あるでしょう。

ゴールと言っても、そんなに大それたことでなくてもいいのです。

ライフハッカーの記事に目標達成のための面白い記事があったので紹介します。

 

目標に向かってモチベーションを保ち続けるのは、大変なことです。でも日々の生活の積み重ねが、大きな夢の達成につながります。そこで今「ノン・ゼロ法」という方法が提唱されています。毎日目標を達成するために「1つのことをやり続け、目標に向かって前進し続ける」というとてもシンプルな方法です。たとえ「毎日1杯の水を飲む」とか「腹筋を1回する」とかそんな些細なことでも、毎日続けることは少しでも前進していることを意味します。

たとえば、以下があまり努力せずに毎日続けられる「ノン・ゼロ法」の例です。

  • 健康な食生活:1日のご飯の1回を野菜中心の食事にする
  • 運動:腕立て、腹筋、ジャンピングジャックのどれかを5回する、またはストレッチをする
  • メンタルヘルス:マインドフルネス瞑想法を1分間おこなう、または何らかの呼吸法を実践する
  • 人間関係:気になっている1人に1回メッセージかメールか、短い電話をする

「ノン・ゼロ法」では、1つのことを毎日続けることでその人を目標達成に近づけることに加え、自分を肯定させることにも力を入れています。

https://www.lifehacker.jp/2017/11/171116-make-continuous-progress-toward-your-goals-with-non-ze.html

 

目標というのは、掲げることは簡単なことです。

でもそれを継続していくことが難しい。

モチベーションが下がって、やめてしまって、それっきりなんて人も多いでしょう。

今年の年初に掲げた目標。みなさんはどれだけ覚えているでしょうか。

 

僕のやっている目標達成の方法

 

僕は目標達成のために様々な工夫をしています。

気づいたら、コーヒー飲みながら、タバコを吸っているからです(笑)

 

人間は本能で、できるだけ休もうとします。

 

どうやったら、目標を達成できるか。
そしてモチベーションを維持できるか。

 

本当に些細な事で構いませんので、目標をまず立ててみてください。

 

僕の一つの目標は、「弟と映画を作る」ということです。

そのために、まず資金を集めなければならない。
そのためには、副業で余剰資金を集め、投資に回す。
そのために、文章力を上げて、毎日脚本を書いて、副業を少しでも、回していきたい。
そんなところです。
①まず、目標を紙に書いて、目に見えるところに貼っておく

 

これが一番簡単な方法でしょう。

毎日見ているだけで、行動が変わってきます。
映画を撮るという字を毎日みていると、そのために必要な行動を、自ずと取るようになります。

具体的なイメージ、写真なんかをインターネットから探してきて、それを印刷したりして、ファイルに保管。

それを寝る前などに、ちょっとながめてもいいでしょう。

 

②スマホのカレンダーを活用する
僕は未来の予定、タスク、今日やったことをすべてグーグルカレンダーで管理しています。

 

銀行の支払いから、フットサルの予定から、ブログを一つ書くことから、すべて予定に書き込みます。

今ではスマホの音声入力があるので、非常に便利です。

 

思いついた時に記入する。

 

予定に入れておくと、その日が来た時に、もうなんだか完了させないと、気がすまなくなります。

達成できなかったものに対しては、日付を変更して、また未来へ送ります。

 

③長期的な目標についてはリマインダーを利用する

例えば、スタミナ、筋力アップをしたい時。

グーグルカレンダーのリマインダーを使います。

そしたら、カレンダーに毎日「スタミナ、筋力アップ」と出てきます。
気が向いたら、筋トレ、ランニングです。
気が向かなかったら、無視です(笑)
毎日行動を記録していると、意外と継続できていないことが多いことがわかります。

 

ちょっと家族とでかけて、食事して、映画見たりして、休日が終わる。

そんな息抜きも大切ですが、空いた時間があれば、とにかくカレンダーを開きます。

 

④具体的に行動に入る時は、紙のメモを利用する

カレンダーを見て、今日やることを紙に書き出します。

そして、できるだけタスクを細かく分解します。
例えば、「営業アポ1」と書くと、絶対に何かわすれます。

〇〇さんに電話。
電話する内容もメモ。
アポイントの日付確保。

具体的行動を、細かくして書きます。
できれば、すぐ捨てられるようなメモがいいでしょう。

ガシガシ、書く習慣がつくからです。
タスクが終了したら、斜線で消して、次にいく。
なるべく重要度の高いものから。
次に緊急性の高いものから。
どうしても緊急性の高いものにシフトしがちになります。
でも、本当に自分が大切だと思うこと。好きなこと。面倒くさいこと。
とにかく細切れにして進めていきます。
時間を取られてしまう、会議などにはそれに集中。

その際も、タスクを分解したメモを持ち歩き、なにか進められないかを考えます。
紙のメモがなぜ重要かというと、

・まず、カレンダーの予定を再確認できる。
・タスクを細かくすることで、取り掛かりやすくする。
・消していくことによる、達成感が生まれる。
・ここまでやったら、8割OKだなという全体像が見える。
このメモは日付を書いて残しておき、次の日のメモ作成、行動記録をつける時に参考にします。

 

まとめ

ここまで紹介した僕の目標達成方法は、あくまで一例です。

参考にできる所があれば、取り入れてみてください。
僕は会社員時代にこれをベースに仕事をしていて、未来の予定をどんどん消化していくことに必死になり、あげくの果てに、病気になってしまいました。
なので、オーバーワークにはくれぐれも注意してください。

 

 

具体的数値を目標に入れること、期限を入れることが大切だとも言われています。
僕は時と場合によって使い分けます。
数値目標、期限のプレッシャーに弱く、病気再発のリスクがあるからです。
まあ、いったんやることを紙に書く。

それだけでもやってみてください。
頭のモヤモヤが解消され、脳の短期記憶領域を無駄に使わずにすみます。

 

 

<PR>

最近は副業も解禁する企業が増えてきましたね。

副業には沢山の種類があります。

 

副業に興味のある方はぜひごらんください。

 

チームゼロプロジェクトについて

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP