リフレッシュには旅行がいい 大きいものを見よう

こんにちは、加治タケキです。

今回はリフレッシュ方法としての、旅行の重要性を考えてみたいと思います。

 

ささいな悩みは、大きいものを見ることで解消される

僕は今福岡に住んでいます。

東京にいた頃は、定期的に海を見に行っていました。

夏場だろうが、冬場だろうがとにかく出かける。
本能に呼ばれて、海を見に行っていたという方が正しいかもしれません。

東京は本当に便利で、多様性があり、文化的にも素晴らしい街でした。

でも、近くに海がない。

お台場なんてものは、東京湾の埋立地なので、海という感覚がしない。

そこで僕は、湘南、江ノ島方面。
千葉の九十九里、東金方面に出かけていました。
やはり、海を見ると、とにかく目の前に広がる景色が大きい。
絶えず波は押し寄せてくるし、その動きは止まる気配がありません。
海は昔からずっと広がっているんだなあ。
そんなことを思っていると、自分が今抱えている悩みなんて、ちっぽけなものだと思えるようになります。

 

どうせ行くのなら海外旅行がいい

僕は海外旅行に一度しか行ったことがありません。

36歳にして恥ずかしい限りですが。

どうせ旅行に行って、リフレッシュするなら、海外に行ったほうがいい。
なぜなら、やはり、千葉の海に行っても、福岡の海に行っても、そこには日常の連続を感じてしまうからです。

どこかで見たような景色。
日本人ばかり。

どうしても雰囲気をガラッと変えることができません。
それなりの満足は得られるのですが、帰り道あたりから、また日常を感じ始めてしまうんですね(笑)
だから、仕事で海外を飛び回っている人は、本当にうらやましいと思います。
仕事とはいえ、普段とは違う景色、文化、食べ物。

海外に行けば、全く違います。
もうそこには普段見慣れている景色はありません。
こんな風景が世の中にはあるのか。

こんなものを食べているのか。

こんな文化が大切にされているのか。
もう驚きと興奮の連続です。

僕は海外を飛び回りたい。
でも一人が怖い(笑)
なので、将来的には、映画の仕事や、ジャーナリストの仕事で海外を飛び回ることになればいいなあとイメージしています。
仕事だったら、行くしかないという状況になってみたい。

最後になりましたが、この間行ってきた、福岡の宗像の海の写真をお届けします。
宗像と言えば、沖ノ島、宗像周辺が最近世界遺産になったみたいです。
海の広さが伝われば嬉しいです。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP