全ての現実は思い込みによって作られている

最近、経済について考えていたことがあったんです。

 

YOUTUBEで動画を見ていました。

 

DHCシアターが放送しているインターネット番組で、衝撃的な内容のものがありました。

 

 

 

私はDHCの回し者ではないので、見るか見ないかはみなさんの自由です。

 

そして、コメンテーターの武田邦彦さんが言っている内容で気になった点をまとめました。

 

 

日本経済の現状について

 

おそらくみなさんは、こういう話を聞いたことがあると思います。

 

国には、1000兆の借金があって、国民ひとりあたり、約800万円になる。

 

 

しかし、武田氏によると、このデータは全くのでたらめだそうです。

 

僕は、数学が苦手ですが、少しだけ簿記の勉強をしたことがあります。

そこで、学んだのは、

歳入=歳出

つまり、バランスシートの考え方です。

 

先ほどの国の借金1000兆という話は、

政府が国債を発行して、国民からお金を借りているというお話です。

でも、それはバランスシートの考え方を適用すると、おかしな話であることがわかります。

 

政府がした借金=政府の手元にあるお金

 

だからです。

 

たとえ1000兆借金があったとしても、それは現金で、1000兆持っているということであって、

何も使っていなければ、1000兆まるまる政府は持っているということになります。

 

 

例えば、「わあ、借金だらけだ。車買っちゃったから」

と言っているのと、だいたい同じです。

 

車のために、借金をしたけれど、車というモノに変わって、手元にあるじゃないですか。

だから、借金ばかりにスポットを当てていると、

単なるネガティブな考え方になります。

 

それよりも、借金もあるし、車があって、便利な生活が送れると考えたほうが健全です。

 

 

人間は、それまでの、環境、考え方、知識、経験などによって物事を認識します。

全ての人間の現実は、思い込みで出来ていると考えます。

 

そしたら、どうせ思い込むなら、ポジティブに考えたほうがいいなあということが言いたいのです。

 

 

武田氏は、出身が物理学者なので、ちゃんとデータをもとに、話してくれました。

 

①日本は1000兆の借金ではなく、2000兆の資産を持っている

 

内訳

・国債発行(1000兆)

・対外資産(300兆)

・埋蔵金(300兆)

・企業の内部留保(300兆)

 

つまり、日本全体で考えたときに、

1 国債を発行した分のお金が1000兆政府にあるということ

※毎年税金を国民が払っているのに、歳出は3兆くらい赤字になっています。

でも、赤字分を考えても、1000兆近くのお金が政府にはあるはずです。

だって、今の政府になってから、300年も経ってないわけですから。

 

2 日本政府は外国に資産を持っています。

※これは不動産であったり、金融資産(例アメリカの国債)であったりします。

それが300兆。

 

3 埋蔵金を政府が持っている

※政府には特別会計という、緊急時の予算もありますし、

埋蔵金という表に出てこないお金を持っています。

 

4 国全体で考えた場合、企業もお金を持っています。

※内部留保とは、企業が設備投資や、従業員の賃金とは別に、経営のために貯めているお金です。

 

 

この4つのデータは、経済学者の、高橋洋一氏という方が、国会で証言したデータをもとに作成されています。

 

 

じゃあ、ここで、日本は1000兆の借金を抱えている、もう終わりだと考えるか。

それとも、日本国内には2000兆のお金があると考えるか。

 

もし、2000兆あるとしたら、労働者人口1人に、3000万円還元されなければおかしいんです。

 

給料とも、税金ともちがう形で、労働人口に1人3000万円。

 

それを感じられているでしょうか。

 


スポンサードリンク



 

日本のシステムがおかしいんです

 

さきほどの3000万円が、労働者に分配されていないとなると、

誰が持って行っているのでしょうか。

 

高橋氏は、官僚の天下りのために使われていると言います。

 

国にあるお金が、

退職した官僚の、2年何もしない民間での就労後の

退職金2000万に使われたりするんです。

 

本当は均等に使われるべき国のお金が、

1人に使われるから、

みなさんの所には来なくなる。

 

さらに、日本は今、インフレに持っていくために、

日銀が紙幣を刷りまくっています。

 

市場にお金の量が増えます。

 

お金の量が増えたのに、給料が上がらないのは、

半分が、なぜか税金になってしまい、

半分大企業が、蓄えてしまったからです。

 

 

この先も、日銀は紙幣を発行し続けてもいいとは思いますが、

税金徴収のシステム、それから、企業の姿勢が変わらない限り、

半分国に戻り、半分内部留保が増えるということになってしまいます。

 

 

長くなってきたのでまとめますが、

 

①日本には2000兆のお金がある。

⇒この先人口は減少していくが、その分ロボットやAIが労働力を担うので問題はない

※武田氏によると、日本の適正人口は4000万人くらいなのではないかとのこと。

⇒株価も過去100年間上がり続けている(100年前は2円。今は1万3000円)

⇒勤勉な労働力と、技術があるので、当面心配ない

 

②日本のシステムを改善しなければいけない

⇒労働人口1人あたり、3000万のサービスを、国や企業から受けているかを監視する

⇒国のお金が、1人のために使われていたら、それは国民が意義を唱える

 

 

どうせ思い込むなら、ポジティブに。

 

日本には借金しかないのか。

それとも、2000兆円あるのか。

 

本当に誰かが、指摘しないとシステムは変わらないということ。

 

 

これから僕は、

日本には2000兆円のお金があると考えて、行動していきます。

人口減少も自然の摂理だと割り切ります。

 

そして、国民全体に行き渡らない問題点を、

これからも監視し、

ブログで指摘して良ければいいかなと思っています。

 

全ての現実は、思い込みで作られている。

どうせ、思い込むならポジティブに、プラス思考で。

そして、おかしな点は、変えて行かなければと思います。

 

武田氏は動画の中で、

経済の本質とは、働くことであると言っていました。

それは、僕は違うと思う。

それについては、また後日。

 

 


スポンサードリンク



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP