愛について

 

僕は大学時代、愛についてずっと考えていました。

 

愛とはなにか。

そして、20歳のの頃に文章にまとめました。
今でも大筋は間違っていないと思います。
僕の愛の定義を2つ紹介します。

 

1、愛とは、相手のことを、まるで自分のことのように感じることである。

 

僕はギターに対する愛情がすごかった時期がありました。

毎日一緒に寝ていた時期もあるくらいです(笑)

もう自分と一心同体。

だから、スタジオでバンド練習をするときに、
ギターを壁にぶつけたら、
自分の頭が痛くなるくらいにギターに愛を感じていたんです。

このように、愛とは、

相手の喜び、痛みを、自分のことのように感じること。

それは対象が、ギターだろうと、人間だろうと、変わらない。
愛の対象は人間だけには限らないと僕は思っています。

 


スポンサードリンク




 

 

2 愛とは、相手の立場に立って、相手が一番喜ぶこと、嬉しくなることをすることである

 

相手の気持ちが、自分のことのように感じられたとしても、
そこから、相手の立場になることも大切です。

だから、自分の中に破壊的な衝動を持つ人は、
相手に対して、時に暴力的になります。

でも、それも愛の一つの表現方法。

 

相手を自分のことのように感じてはいるのだが、相手の立場に立つということを

忘れていては、一方的な愛になってしまうのです。

そこに、相手の立場を考えて喜ばせるという気持ちが加われば、
愛の完成です。

暴力を振るわれて、喜ぶ人はいないと思います。

だから、相手の気持ちを、自分のもののように感じられるまで、
一心同体の関係を築き、

相手の立場に立って、今最善の方法で、相手を喜ばせる。

20歳の頃には、1番だけで、愛は完成するものだと思っていましたが、
2番を感じられるようになった今、

僕の中での愛の定義が、完成したのでした。

人に愛を持つのは大変です。

まず、自分がある程度、経済的にも、
時間的にも、満たされている状態である必要があります。

自分のことばかりで、自分のことで精一杯の状態では、
愛どころの騒ぎではないからです。

僕は、ここ3年くらい、病気で愛を忘れていました。

自分のことで、精一杯だったからです。

でも、今、自分のことをなんとかできるような状態になってきて、
再び、愛を取り戻すことができるような気がしています。

これから先の人生は、

まるで、相手と一心同体になるくらいにまで関係を深め、

相手の立場に立って、最善の喜びを提示できるような人間になりたい。

 

ふと、そんなことを考えたのでした。


スポンサードリンク





  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP