裁判をしよう、訴えよう。裁判に慣れておこう。

 

僕は今、わけあって弁護士に裁判の依頼をしています。

 

 

今年の4月、体調がよくなってきた僕は、

インターネットビジネスで、家の中で稼いでやるぞと思い、

「簡単コピペ。毎日5分で月収100万円」

の商材を買ってしまいました。

 

 

働ける状態ではない。

 

でも、何とかしたいと焦っていたのか。

そんなうまい話があるわけないとは今ではわかっているのですが。

 

僕は、総額170万円の契約をしました。

 

 

弁護士に相談してから、よくよくクレジットカードの明細を確認したら、

30万円しか引き落とされていない状態でした。

よかった、よかった。

 

 

じゃなくて、取り返しますよ。

社会のために。

同様の被害者が、たくさんいるそうです。

 

まずは和解交渉から

 

弁護士さんは、まず無料で被害状況等の相談をしてくれます。

僕と、同様の被害者がたくさんいるため、

弁護士さんも慣れているとのことでした。

 

 

契約書が送られてくるので、被害詳細、契約書を交わします。

 

普通は着手金を払ったら、弁護士が動き出すのですが、

そこの弁護士事務所は良心的で、

着手金を払う前に、

僕が提出した証拠類から、

クレジットカード会社への、今後の引き落とし停止措置をすでに行ってくれていました。

 

 

弁護士がやるのは、まず、和解交渉。

「明らからに誇大広告である」

「やり方を教えてくれない」

「1円も稼げていない」

 

ということで、裁判を起こす前に、

話し合いで、金額の返還を求めます。

 


スポンサードリンク




 

 

集団訴訟に持ち込む

 

和解交渉しても、相手が話し合ってくれるとは限りません。

全く無視の可能性だってある。

 

 

そんな時に、はじめて、訴訟を起こします。

 

 

詐欺被害の場合は、被害者が多いケースがあるので、

連名で、被害者、被害金額を多くしてから、

集団訴訟に持ち込みます。

 

 

そのほうが、裁判所も、扱ってくれる可能性が高くなるからです。

 

 

現時点では、弁護士さんから、和解交渉に入ったとの連絡があり、

向こうも、交渉に応じる姿勢があるとのこと。

 

しかし、お金を返してくれるかはわかりません。

 

 

僕は、昔から、裁判がしてみたかった(笑)

訴えてみたかったのです。

 

 

着手金、そして、もしお金が帰ってきた場合は、

成功報酬を弁護士さんに払います。

 

着手金の相場は5万から10万(僕は3万2千4百円)

 

成功報酬は、だいたい30~40%ぐらいでしょうか。

 

 

だから、被害額が3万円とかだったら、訴えてもマイナスになるんですよね。

そこが裁判の難しいところ。

 

 

今回一番大切だと思ったのは、

 

 

契約の際には、必ず契約書を保存しておくということ。

 

ぼくは決済のメールしか残していませんでした。

しかし、被害者多数の事件だったので、

弁護士も動いてくれました。

 

普段から、証拠を残しておかないと、裁判に持ち込めない。

 

契約書のメール、ホームページの特定商取引法に記載されている事項。

宣伝ページくらいは、写真に残しておけばいいでしょう。

 

 

この調子で、僕を病気に追い込んだ元会社を訴えようか。

 

今、僕をクスリ漬けにしている医者を訴えようかとも思ったのですが、

 

お世話になった面もあるのでやめておきます。

 

 

 

裁判って意外と簡単です。

 

弁護士さんにお願いするだけ。

 

①着手金

②証拠

③訴訟費用

 

 

これからの時代、些細なトラブルによる裁判沙汰って多くなってくると思います。

 

 

ぼくは、裁判費用を出してくれる損害保険に入っています。

 

これからも、裁判を起こして、成り行きを楽しもうかと思っています。

 

 

みなさんの参考になれば。


 

借金でお困りの方はこちらをご覧下さい。
http://teamzero1.wp.xdomain.jp/2017/01/15/%e5%80%9f%e9%87%91%e3%81%ab%e3%81%8a%e5%9b%b0%e3%82%8a%e3%81%ae%e6%96%b9%e3%81%b8/


スポンサードリンク




 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP