ソウルメイトがいることに気づいた

0987aee209b568e34fb950fc43ed0302_s

 

こんにちは、加治タケキです。

 

今回はソウルメイトの存在について書いていこうと思います。

 

 

僕は今年の夏頃に、3年付き合った彼女と別れました。

 

 

僕が統合失調症を発症した時に、親身になって助けてくれた人でした。

 

 

彼女は国際線のCAをやっていたので、ほとんど日本にいませんでした。

 

 

そんな中でも、休みの日にわざわざ僕の病院に付き合ってくれたり、

 

 

忙しいはずなのに、僕と一緒に安い居酒屋にも付き合ってくれました。

 

 

そんな彼女も、僕がずっと、福岡で病気療養していることに耐えられなくなったのでしょう。

 

 

そして、僕が、社会復帰を目指さずに、

 

 

わけのわからないインターネットビジネスという業界にのめり込んでいったことに、

 

危機感を感じたのでしょう。

 

 

彼女は

 

「もう、加治さんには、ついていけない」

 

 

と言われました。

 

 

僕は、それを素直に受け止めました。

 

 

今の自分じゃ、彼女を幸せにしてあげることもできない。

 

 

経営者マインドで、ビジネスに走っていく生き方は、安定志向の人にとっては

 

 

危険に映ったのでしょう。

 

 

 

 

そんな彼女と別れて、3ヶ月くらいたったある日。

 

 

ふと電話してみようかなという気になりました。

 

 

そして、1時間くらい、お互いの近況を話し合いました。

 

 

なんだか、とても心地の良い時間でした。

 

 

彼女、彼氏という関係が変わってしまったとしても、

 

 

心はつながっているような感覚でした。

 

 

僕は人と少しだけ変わっているから、彼女も少し変わっています。

 

 

だから、話が合うのです。

 

 

ソウルメイトなのかなあと思いました。

 

 

彼女は

 

 

「加治さんみたいな、かっこいい人、全然いないんだけどぉ」

 

 

と言ってきました。

 

 

俺は、当たり前だろ、俺よりかっこいいやつなんて、ロバートデ・ニーロぐらいしか世界にいないだろ、と言いそうになりましたが、やめておきました。

 

 

周りの女子に、僕の写真を見せて、星野源さんとどっちがカッコいいかを聞いているそうです。

 

 

周りの女子は、ほとんど、星野源さんより俺のほうがカッコイイというそうです。

 

 

昔は、女友達なんて考えられませんでした。

 

 

連絡先を全部消して、すべてを忘れようとして、

 

 

恋愛そのものを消してしまうような行為を続けてきました。

 

 

 

でも、今、女の子でも、友達という関係性が成り立つのではないかと思っています。

 

 

その代わり、肉体関係を持つ可能性を含んでいます。

 

 

異性間で、肉体関係の可能性のない友達は、

 

 

 

僕は考えられません。


スポンサードリンク

<



  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP