12/5に俺は死んだ

df6513255bfdde8b5149866a3ef52fa5_s

 

俺は、12/5に死んだ。

 

 

 

僕は現在統合失調症を抱えている。

 

小銭が欲しいと思って、

 

社会復帰を兼ねて、就職活動をおこなった。

 

市役所に相談に行った。

 

 

そしたら、やっぱり障害者の枠として、働くのがいいのではないかという提案を受けた。

 

 

障害者支援施設が、雇用を紹介してくれるというので、行ってみた。

 

 

そこで、求人を見てみたのだが、ろくなものがなかった。

 

 

平日フルタイムで働いて、月収が10万とかいうのばっかり。

 

 

 

 

僕は正直、現実を見て絶望した。

 

 

社会復帰はもう無理なのではないかと思った。

 

 

12/5に、俺は一回死ぬことにした。

 

 

もう家族へも病気のことで迷惑をかけられない。

 

 

これ以上生きていても、絶望的な将来が待っているだけだ。

 

 

僕は死に場所を探した。

 

 

どうせなら、太宰治みたいに、愛人と無理心中でもしようかと思ったが、

 

 

愛人がいなかった。

 

 

睡眠薬を大量に飲んで、ウイスキーを大量に飲んで、死のうかと思ったが、

 

 

睡眠薬がなかった。

 

 

 

 

次の日12/6。いつもと同じ朝が来た。

 

 

僕はいつもどおりに、インターネットでのビジネスを開始した。

 

 

もうこうなったら、今やっているビジネスで結果を出すしかない。

 

 

そう思ってやっていたら、新たな情報が手に入った。

 

 

そして、今取り組んでいるバイナリーオプションも勝てるようになってきた。

 

 

 

就職活動は、続けていこうと思う。

 

 

障害者の現状が、どれだけ悲惨なものかを、身を持って体験してみたいからだ。

 

 

 

そして、今取り組んでいるビジネスを、コツコツと積み重ねて、結果につなげていこうと思った。

 

 

 

僕は統合失調症で1回死んだ。

 

 

そして、12/5に障害者の現実をみて、さらにもう一度死んだ。

 

 

 

これからは、新しい自分として生きていこうと思った。

 

 

 

とにかく、結果を出すために、焦らずに、毎日コツコツやっていくこと。

 

 

ここだというチャンスで、決められる精度を高めていこうと思った。

 

 

そして、自分が狙って、結果をだせるように、

 

 

優先順位をしっかりと立てて、

 

 

毎日継続していくことを、 積み重ねていこうと思った。

 

 

人間、追い込まれたほうがいいのかもしれない。

 

 

僕はいまから、いらないものをとことん削ろうと思ったのであった。

 

 

 


スポンサードリンク

<



  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP