好きなものに、好きだと言え!

453bdcb235fcd9dc02ea99e87b687cb2_s

 

こんにちは。加治タケキです。

 

 

先日、久々に映画を観ました。

 

 

タイトルは「Holiday」

 

 

 

 

 

ホリデイ』(The Holiday)は、2006年アメリカ映画。『恋愛適齢期』のナンシー・マイヤーズ監督による、休暇中にお互いの家を交換する「ホーム・エクスチェンジ」を題材にしたロマンティック・コメディ

アメリカでは2006年12月8日に公開され、週末興行成績で初登場3位になった。日本では2007年3月24日日劇3系列ほかで公開され、全国週末興行成績で初登場4位となった。(Wikipedia)

 

 

 

主演は、キャメロン・ディアス、ケイト・ウインスレッド、ジュード・ロウなど

 

 

豪華キャスティングです。

 

 

 

恋愛で問題を抱えた女性2人が、色々と忘れるために、

 

 

休暇中にお互いの家を交換する。アメリカ人がイギリスに行き、イギリス人がアメリカに出かけます。

 

 

ホームエクスチェンジを行った際に起こる、様々なドラマ。

 

 

 

 

僕は1回観たことがあるんです。

 

 

 

そのときは、キャメロン・ディアスが、ベンツに乗っていて、経営者の役だったので、

 

引きました(笑)

 

 

 

恋愛に敗れても、金持ってんだったらいいだろって(笑)

 

入り込めませんでした。

 

 

今回2度目。

 

 

両親に観て欲しかったので、一緒に観たのです。

 

 

 

そしたら、もう

 

3回くらい泣きました。

 

 

感じたのは、

 

 

 

・好きだと思うことは、好きだと正直に言え

 

 

・バツイチ子持ち、遠距離恋愛。そんなの本気になったら、関係ない。環境を言い訳にするな。

 

 

・人の言いなりになって、他人の人生を送るな。人生は自分のもの。

 

 

・みんな何かしらの問題を抱えているが、運命的な出会いが変えてくれることがある。

 

 

 

 

正直、こんなにも、ひとつの作品から受け取るメッセージが

 

 

昔と今で、変わるとは思いませんでした。

 

 

みなさんにもオススメです。

 

 

 

あんまり内容を書くと、ネタバレになるので。

 

 

観ても損はない、いい映画です。


スポンサードリンク

<



  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP