恩師とは

こんにちは、加治タケキです。

 

今回のテーマは、恩師について。

 

 

みなさん、恩師っていますか?

 

 

僕は恩師と言われて、考えたとことろ、

 

 

小学校4年生の頃の担任の先生、深田先生を思い出しました。

 

 

恩師という言葉を辞書で引くと、

 

 

’教えをうけ、世話になった先生。’

 

 

と出てきます。

 

 

まあほとんどが恩師になってしまうんですが(笑)

 

 

 

その深田先生が担任だったとき。

 

 

僕はガキ大将の宿題を全部やらされていたんです。

 

 

みんなが20分くらいかかる計算ドリルを、

 

 

僕は朝の5分でやってあげていました。

 

 

僕は簡単なことだったので、面白かったのでやっていたのですが、

 

 

ガキ大将からいじめられているといえば、いじめられていたわけです。

 

 

それが、ふと、担任の深田先生の知ることになりました。

 

 

どうしてそんなことが、先生に知れたのかはわかりません。

 

 

誰かが密告したのか。

 

 

僕を助けようとした生徒がいたのか。

 

 

 

深田先生は、授業をやめて、1時間使ってこの問題を取り上げました。

 

 

僕はどうしていいかわかりませんでしたが、

 

 

深田先生(女性)は、ただただ、この事態に泣いてくれました。

 

 

その涙を見て、いじめが良くないことは、生徒たちの心に響いたはずです。

 

 

先生を泣かせてはいけないと思ったはずです。

 

 

僕はその涙を一生忘れることはないでしょう。

 

 

今でも鮮明に思い出します。

 

 

「僕のために、体を張って、守ってくれた。涙を流してくれた」

 

 

それが僕の恩師、深田先生との思い出です。

 

 

 

 

恩師とは、今、35歳でも見つけることができます。

 

 

学校に行っているから恩師ではないのです。

 

 

新しく見つけた恩師。

 

 

その方は、僕に人間に対しての接し方を教えてくれました。

 

 

人生の歩き方を教えてくれるのが師匠なら、

 

 

人に対して、人生に対して、世の中を教えてくれるのが恩師。

 

 

 

僕は、そう勝手に決めました。

 

 

 

先日、師匠が決まりました。

 

 

そして、昨日、人、人生を教えてくれる恩師が決まりました。

 

 

 

道を示してくれる人が、2人もできました。

 

 

ここ、1ヶ月での出来事です。

 

 

 

みなさんは人生の歩き方を教えてくれる師匠はいますか?

 

 

 

世の中に対して教えてくれる恩師はいますか?

 

 

 

 


スポンサードリンク

<



  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP